FASHION REVOLUTION DAY 2019

Description
FASHION REVOLUTION DAY 2019
Baby steps lead to FASHION REVOLUTION
〜ミツケル・ヒロガル・エシカル〜


※【必ず】Peatixからの申し込みをお願い致します。
https://fashionrevolutionday2019.peatix.com/


2018年度は50カ国、1100のイベント、275万人が参加し、世界中でムーブメントを起こしているFASHION REVOLUTION 。

その背景には、2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊で1,100名以上もの衣料労働者が亡くなった、「ラナ・プラザ」ビルの崩落事故があります。このビルには、ヨーロッパの大手ファッションメーカーが多く入っており、その安全管理や働き手の人権の扱いが疑問視されました。この事故を受け、2014年より4月24日を「ファッションレボリューションディ」として、世界各地でファッションを変革するための働きかけが行なわれています。

FASHION REVOLUTION JAPANは、2019年4月24日のファッションレボリューションディに、より公平、安全、明確で透明性のある日本のファッションを考えるため、企業やブランド、メディアをお招きしてこれからのファッションを東京からどう発信するのか?をめぐるトークセッションを計4回行います。また、映画「ザ・トゥルーコスト」の上映するなど、充実した内容の1DAYイベントを開催します。


※内容は随時アップデートしていきます。

--------------------------------------

【日時】 2019/4/24(水)

受付開始:12:00
開始:12:30
終了:21:30

【場所】TRUNK(HOTEL) 2F MORI
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目31

【参加費用】
<<前売り>>
■1DAY ticket(昼の部トークセッション全4回、交流会参加)
一般:10,000円、25歳以下:4,500円(25枚限定)

■1 session ticket(昼の部いずれかのトークセッション1回、交流会参加※再入場形式)
一般:3,000円、25歳以下:1,500円(各回10枚限定)

■夜の部トークセッション&トゥルーコスト上映会
一般:1,500円


<<当日>>
■1 session ticket(昼の部いずれかのトークセッション1回)
一般:3,500円

■夜の部トークセッション&トゥルーコスト上映会
一般:2,000円

--------------------------------------

【プログラム】

<<昼の部>>
12:00 開場

12:30 開会式 
開会の挨拶、写真撮影 

13:00-17:00 トークイベント 計4回  


■13:00-13:45 session1
「ファッションと環境のつながり」
ゲスト:
環境省大臣官房環境計画課企画調査室長 岡野隆宏氏
×
豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長 溝口量久氏


■14:00-14:45 session2
「トレンドメーカーとしてできること」
ゲスト:
『VOUGE JAPAN』編集長 渡辺三津子氏
×
Kering Group Operations and Technology
Material Innovation Laboratory (MIL)
ディレクター Cecilia TAKAYAMA氏


■15:00-15:45 session3
「なぜ今サステナビリティを推進するのか?」
ゲスト:
H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン株式会社
CSR サステナビリティ コーディネーター 山浦誉史氏
×
株式会社ストライプインターナショナル SDGs 推進室長 
二宮朋子氏


■16:00-16:45  Session4
「今日からできるサステナビリティへの一歩」
ゲスト:
特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長
坂野晶氏
×
パタゴニア日本支社
ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー
篠健司氏


17:00-18:00 交流会


<<夜の部>>
18:30- 開場


19:00-19:30 トークセッション
「NEUT Magazine×FASHION REVOLUTION」
ゲスト:赤澤える(LEBECCA boutique ディレクター) 、
TIA(クリエイター 、432ディレクター)、
タニムラリサ(ライター、翻訳家、マーケティングコンサルタント)
モデレーター:平山潤(NEUT Magazine創刊編集長)


19:30- 21:00 トゥルーコスト上映会  


21:30 close



■企業ブース■
Green Down Project
APOLIS
豊島株式会社 オーガビッツ
THE NEW DENIM PROJECT
THE WOOLMARK COMPANY


-------------登壇者紹介----------------


<<session1>>
■環境省■
環境省大臣官房環境計画課企画調査室長
岡野隆宏

1997年に環境庁(現環境省)入庁。主に国立公園、世界自然遺産の保全管理を担当。阿蘇くじゅう国立公園、西表国立公園で現地勤務を経験。2016年より「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトに携わり、自然の恵みの保全と活用による地域づくりと、それを支えるライフスタイルシフトに向けた普及啓発に取り組んでいる。


■豊島株式会社■
豊島株式会社 執行役員 営業企画室 室長
溝口量久

オーガニックコットン100%の商品を10人に届けるよりも10%の商品を1000人に使ってもらおうと2005年に「オーガビッツ」をスタート。その後オーガビッツファンドを作り1枚の服に10円の寄付金をつけて100万枚を販売するプロジェクトを開始。100ブランドに参加して頂き10団体を支援しています。リサイクルダウンの一般社団法人「グリーンダウンプロジェクト」の設立に関わったり、再生
ポリエステルのベンチャー企業等への投資を行っています。一般社団法人エシカル協会の理事、神田に有るサステナブルキッチンROSYの取締役をしています。


<< session3>>

■H&M ヘネス・アンド・ マウリッツ・ジャパン株式会社■
H&M CSR サステナビリティ コーディネーター
山浦誉史

1982年福岡県生まれ。学生時代をアメリカで過ごす。2011年8月、H&M Japanに入社。日本各地のH&M店舗にてセールスアドバイザー、ストアマネージャーの経験を経て、本社CSRマネージャーに就任。入社時よりCSRに強い関心があり、小売現場で勤務をしながらグローバルトレーニングプロジェクトに携わる。現在、様々な機関や団体と提携し、古着回収プログラムや慈善活動など、H&Mの日本におけるサスティナビリティ・プロジェクトや社内教育プログラムを担う。


■株式会社ストライプインターナショナル■
SDGs 推進室長 
二宮朋子

(株)ストライプインターナショナル 
パブリック リレーションズ本部
SDGs推進室 室長 General Manager SDGs Promotion
地元である宮崎県のアナウンサーとして災害報道、音楽番組、バラエティ番組など幅広く担当。
官公庁の広報番組やイベント、新聞社での仕事を経て現職。
出産を機に改めてキャリアを構築しようと、2016年、生後4ヶ月の子どもを抱えて大学院へ入学。
人材組織やブランド論を専門に学ぶ。
SDGsの視点を組織にどのように浸透させることができるか、
次世代にどのような世界を残すことができるかについてビジネスの視点で考える。
慶應義塾大学(SFC)卒業、早稲田大学大学院(MBA)修了。


<< session4>>

■特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー■
特定非営利活動法人ゼロ・ウェイストアカデミー 理事長
坂野晶(さかの あきら)

関西学院大学総合政策学部卒。大学で環境政策を専攻後、国際物流企業での営業職を経て現職。日本初の「ゼロ・ウェイスト(ごみや無駄をなくす)」宣言を行った徳島県上勝町を拠点に、自治体の廃棄物削減計画策定や実装、ゼロ・ウェイスト認証制度の設立・運用、企業との連携事業など政策立案や事業開発を行うとともに、国内外で年間100件以上の研修や講演を行いゼロ・ウェイストの普及に貢献する。
2019年世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)で若手リーダーの一人として共同議長を務めた。


■パタゴニア日本支社■
ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー
篠健司

米アウトドア・ブランド、パタゴニア日本支社ブランド・レスポンシビリティ・マネージャー。同社で長年にわたり環境プログラム担当として非営利団体の支援を行い、現在はオフィスや店舗の環境インパクト削減とサステナビリティ向上にフォーカス。コンサベーション・アライアンス・ジャパン、日本自然保護協会の理事を務める。


<<NEUT Magazine×FASHION REVOLUTION>>

LEBECCA boutique(レベッカブティック)
ブランド総合ディレクター
赤澤える
ブランド総合ディレクターをはじめ、ファッションやPRなど様々な分野でフリーランサーとしてマルチに活動。特にエシカルファッションに強い興味・関心を寄せ、自分なりの解釈を織り交ぜたアプローチを続けており、その執筆でも高い評価を得る。

TIA
クリエイター 、432ディレクター。
1996年アメリカ生まれ。高校卒業後日本に引っ越し、 文化服装学院のニットデザイン科を去年卒業。 その後フリーランス翻訳家でありながら、 サスティナビリティーや社会問題、 環境問題に目を向けた個人の活動をしている。 去年は若者向けにビーガニズムをハイライトするマガジン「 NECTAR」0号を発売し、現在1号目を製作中。 今年に入り友達3人で「432」 の名の下で古着やリメイクをメインとしたショップを始め、 ものづくりやイベントを通してコンシャスなメッセージを広めてい く活動を手がける。


タニムラリサ
ライター、翻訳家、マーケティングコンサルタント。中学卒業後、 単身イギリス留学する。ボーディングスクールで学んだ後、帰国。 早稲田大学国際教養学部卒業後、ベルリン在住を経て、 現在は東京在住。ファッション、電子音楽、メディア、 フェミニズムについて執筆している。


NEUT Magazine
NEUT Magazine創刊編集長
平山潤
1992年神奈川県相模原市生まれ。成蹊大学卒業後、社会派ウェブマガジン『Be inspired!』の編集部に入る。編集長も務めたBe inspired!を、昨年10月に『NEUT Magazine(ニュートマガジン)』へリニューアル創刊させ、「既存の価値観に縛られずに生きるためのニュートラルな視点」を発信している。




後援:環境省
経済産業省(申請中)、原宿神宮前商店街 他


※各イベントタイトルは変更の可能性がございます。



FASHION REVOLITION JAPAN
https://www.fashionrevolution.org/asia/japan/


CONTACT
fashrevjp@gmail.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#427300 2019-04-18 04:49:15
More updates
Wed Apr 24, 2019
12:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
TRUNK(HOTEL) 2F MORI
Tickets
1DAY ticket(第一部トークセッション全4回、交流会参加) :一般 ¥10,000
1DAY ticket(第一部トークセッション全4回、交流会参加) :25歳以下 (25枚限定) SOLD OUT ¥4,500
トークsession1 ticket:一般 ¥3,000
トークsession1 ticket:一25歳以下 ¥1,500
トークsession2 ticket:一般 ¥3,000
トークsession2 ticket:25歳以下 SOLD OUT ¥1,500
トークsession3 ticket:一般 ¥3,000
トークsession3 ticket:25歳以下 ¥1,500
トークsession4 ticket:一般 ¥3,000
トークsession4 ticket:25歳以下 SOLD OUT ¥1,500
夜の部トークセッション&トゥルーコスト上映会 ¥1,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Apr 23, 2019.

Venue Address
東京都渋谷区神宮前5丁目31 Japan
Organizer
FASHION REVOLUTION DAY 2019
120 Followers